世界陸連がクロスカントリー、混成競技、競歩のワールドツアー競技構成を発表

世界陸連がクロスカントリー、混成競技、競歩のワールドツアー競技構成を発表 プレスリリース

2021年9月14日の世界陸連のプレスリリースです。
主要なクロカン、混成競技、競歩の大会がツアー形式で開催されるようです。
以下はその日本語訳です。

世界最高のクロスカントリー、混成競技、競歩のワンデイシリーズは、来月から3層構造のワールドツアー形式に移行します。 世界陸上クロスカントリーツアー、混成競技ツアー、競歩ツアーは、これまでのチャレンジシリーズやパーミットシリーズに代わって、よりグローバルな展開を見せることになります。

このツアーでは、クロスカントリー競技の男女最優秀選手に7万5,000ドルの賞金が与えられるなど、合計40万ドル以上の賞金が用意されています。 これらのツアーの開発は、世界陸連が、論理的で長期的な国際イベントのカレンダーを作成するために行っている共同作業の一環です。

また、陸上競技のあらゆる分野のアスリートにとって、より多くのトップレベルの競技機会と露出を確保することになります。 コンチネンタルツアーやワールドインドアツアーと同様に、新しいツアーで開催される競技には、ゴールド、シルバー、ブロンズのいずれかのステータスが与えられます。各ツアーのカレンダーは、今後数週間のうちに詳細が発表される予定ですが、すでに具体化し始めています。

例えば、今月末に開催されるクロスカントリーツアーは、北米、アジア、アフリカ、オセアニア、ヨーロッパで開催される予定で、近年のクロスカントリーパーミットシリーズで開催されてきた世界最大規模の権威あるクロスカントリー大会の多くが組み込まれます。また、クロスカントリーツアーの大会に出場した選手は、ワールドクロスカントリーランキングポイントを獲得することができます。

世界陸連のセバスチャン・コー会長は、「世界陸連の主な目標の一つは、世界中のエリートアスリートの競争力と収益の機会を向上させることであり、これらの新しいツアー形式は、まさにそのために考案されたものです。また、ファンの皆様には、トップアスリートを直接、あるいは放送やライブストリームで観戦していただくための新たな手段を提供することになります。世界陸連のCEOであるジョン・リジョン氏と競技ディレクターのヤコブ・ラーセン氏が、世界の競技カレンダーやワンデーミーティングのために行ってきた作業と、この重要な分野を推進するために配置されたチームに感謝します」と語った。

クロスカントリーツアーのゴールドレベルの大会は、すべて世界陸連のYouTubeチャンネルで公開されます。また、世界陸連は、来年の混成競技と競歩のツアーについても、同様に放映されるように取り組んでいます。

なお、世界陸連では、グローバルワンデイ競技カレンダーの再編をサポートするために、以下のスタッフを任命しました。 ピアース・オキャラハン氏は、近年、世界陸上のコンサルタントとして、コンチネンタルツアーの設立、世界陸上インドアツアーの拡大、グローバルカレンダーユニットの指揮に携わった後、競技運営責任者に任命されました。また、4つの世界陸上競技選手権と4つのオリンピックで国際審判員を務め、2017年のロンドン世界陸上の運営ディレクター、2019年のドーハ世界陸上の準備ディレクターを務めました。

ルカ・ヴェラスキーナは、多くのワールドアスレッチックシリーズでテクニカルデレゲートや国際テクニカルオフィシャルを務めた後、競技マネージャーとして世界陸上に参加しました。2016年の世界競歩チーム選手権、2013年と2017年の欧州U20選手権、ローマで開催されたワンダ・ダイヤモンドリーグの大会で競技部長を務めました。 競技部門では、大量参加型イベントの世界陸上シリーズへの統合、ワンデーミーティングと主要選手権の結束、世界ランキングと主要選手権の予選通過経路の整備、競技規則の見直しなど、多くの重要なプロジェクトに引き続き取り組んでいきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました